生理用ショーツは羽根付き対応じゃないとだめ

生理用ショーツの便利さ

生理用ショーツなんてナプキンやタンポンがあれば、必要ない。
何よりあまり可愛らしいデザインのものもないし、履いているところを見られたら恥ずかしいなんて方もいると思います。

しかしながら、普通のショーツでももちろん良いのですが、生理用ショーツはを持っていると、かなり便利です。
外に出て行く時には、普通のショーツにしても、持っていれば部屋着として、就寝中などは安心できます。

幾つかの種類があり、デザインもさまざま。

ただ、機能性が高く、ナプキンを着用しやすかったり、ズレが生じないようになっていたり、羽根つきのナプキンであれば、それが収容できるようになっているため、羽根つきのゴワゴワとした股の部分に当たる感覚が苦手という方にもオススメです。

生理用ショーツを大別すると、3種類存在します。

1つはスタンダードタイプといって、通常のショーツのような形をしているものの、かなり広めの面積のショーツ。
次にボクサータイプのショーツ。

更にローサライズデザインのものも存在しています。
最後に夜用ショーツです。

夜用はナプキンも大きめに作られていることが多いので、それに合わせるように下腹部から太ももの上くらいまでの広い面積のものになっています。

特徴としては、漏れることがないような工夫がされていること。
そして前述でも触れましたが、羽根つきでも、股の部分が二重構造になっているので、しまえるようになっていること。

汚れた場合のことを考慮し、汚れが落ちやすい工夫がされていることなどが挙げられます。

あると便利だから一着は持っておきたい

ここで紹介したように、生理用ショーツは、その名の通りに生理用品として非常に工夫されたデザインや機能を持っていることが分かったでしょう。

確かに、露出は少ないし、オシャレなデザインのものも少ない。
でも、大惨事になってしまう事のほうが、その時の恥ずかしさは、生理用ショーツを見られた時よりも、上なのではないでしょうか。
単純に経血の漏れをなくすといった機能の他にも、生理中に起こるPMSなどの軽減まで考えられている商品もありますから、自宅用にでも一着は持っておきたいところです。